攻撃的日記

いい大人になりつつあるので、あせらずにいい加減大人になろうと思います。

WBC初戦を勝利した日本。ただ今後も掲げる課題とは?

 

初戦を勝利した日本。

 

WBCが開幕した。日本は初戦、キューバと戦い、11-6と勝利した。

日本の先発は、ロッテの石川。昨年の防御率のタイトルを獲得し、

プロから3年連続2桁勝利をあげた投手である。

 

個人的には、則本だと思っていたので少しびっくりした。

ちなみに小久保監督は、石川に対してキャンプの段階で、この初戦を任せることを伝えた模様。

それだけで制球力のある石川を信頼していたのだろう。

 

日本は初回、石川がピンチとなるがセカンドの菊池の好プレーで、

なんとか無失点で乗り切る。

 

そしてその裏、3番青木、4番筒香の連続ヒット幸先よく先制点を挙げる。

 

3回に同点とされるが、4回裏に山田の“幻のホームラン”となる二塁打で勝ち越し、

5回裏にも打者11人に猛攻で一挙5点を挙げてリードをする。

 

そして極めつけは、7回裏の筒香のホームランでさらなるリードをし、試合を決定続けた。

 

投手陣のやりとりがチグハグ感が否めない。

ただひとつ気になったのが、投手陣のやりとり。

 

石川が4回1失点で降板した後、則本が2回と2/3を投げて3失点、岡田が1/3を投げて無失点。

 

ここまでは個人的にはよかったと思う。

ただ今回の投手陣のリレーを見て、状態がよい秋吉を9回に投げて、その前に平野を8回の1イニングを投げさせる予定かと思っていた。

 

しかし、8回の平野は2/3回を投げ2失点、そしてその後の秋吉が登板して1/3イニングを抑える。

 

そして9回は牧田が登板し、2アウト満塁まできたがなんとか抑えてゲームセット。

最後のほうはひやひやした。

   

投手陣のやり取りは今後もひやひやしそうだ。

今回のメンバー選考の中で、リリーフ専門の投手が数多くいる。

その中で状態を見極めるのが投手コーチの役割であるが、

大事な初戦ということもあり日本は、「こういう戦い方で臨む」ような

投手陣の起用を期待したかった。

 

だからこそイニングの途中で投手を交代するのは、そうとうなアクシデントが、

あるまではあまり変える必要はないと感じる。

 

まずは、不透明な8回と9回の投手陣の起用を明確化し、そこで球数制限がある中で、

どのように投手陣をやりくりするかを楽しみにしたい。

 

攻撃陣は隙をついた攻撃をしており今後も楽しみである。

攻撃陣は、1番山田、2番菊池、3番青木、4番筒香、5番中田、6番坂本、7番鈴木、8番松田、9番小林というラインナップ。

 

バランスよい打線である。8番松田を置くあたりが隙のなさをあらわしている。

その結果、昨日8番松田は、5打数4安打4打点と爆発をし、ホームランを放った際には、

「熱男」と叫ぶパフォーマンスは、球状の一体感を感じた。

 

打線はこのままでいいのではないかと感じる。

ただ、控え選手もいるので状態を見極めながら起用をしてほしい。

 

2大会ぶりに優勝を目指す日本。課題もあるが幸先のよいスタートを切れた。

 

 

ワイモバイルにて新たなタブレット、「Media Pad T2 Pro 」販売へ。

ソフトバンクとワイモバイルは、3月10日に10インチの新たな、

Android タブレットである「Media Pad T2 Pro」を販売する。

   

f:id:buruman1125:20170307230305j:plain

 

値段は、本体価格4万4712円で、実質負担額は216円×36回払いとなる。

(割賦購入時の金額1242円×36回分、月額割引金額1026円×36回分)

 

となると、ワイモバイルの場合データプランがあり、

1GBの場合1980円(税抜)、ワイモバイルユーザーの場合980円(税抜)

7GBの場合3696円(税抜)というプランである。

 

それに機種代金が上乗せする感じだ。

 

主なスペックを見てみる。

フルHD対応のディスプレーのため迫力ある映像を楽しめる。

→高解像度の映像を楽しめることができ、なおかつブルーカットが50パーセントカットできる。長時間利用するにあたって目の疲れなども軽減する効果もある。

 

・大容量のバッテリーに、CPUがオクタコワとなるため快適に利用できる。

→6500ミリアンペアとタブレットでもなかなかのバッテリー◎

安定したwi-fi環境下で楽しめるので◎

 

 

スマホ市場が賑わっている中で新たな旋風となるか?

www.nikkei.com

 

スマートフォン市場の4割が新規ユーザーとして占めているワイモバイル。

日本経済新聞にも最近取り上げられるなど、スマートフォンの市場で、

にぎわってきている。

 

iPhoneandroid oneと二台軸を構えている中で、タブレットがこの流れにのるかどうか注目である。

   

 

完璧主義にやろうとしているから自分の生産性が落ちている気がする。

完璧主義でやろうとしているから疲れるのか。

仕事をしていて感じること。

それは、仕事をできる人間になりたいということ。

 

今の職場=契約件数を取る事になっている。

それぐらいの根気強くやる必要がある。

 

自分の今の状況を見てみよう。件数的には、中位ぐらい。

どんぐりの背の比べと表現すればいいのか、わからないが中位にくすぶっている感じである。

 

自分なりに振り返りを行なっている。それを次の日に活かしていこうとしている。

結果を出したいがために、ガツガツいこうとする時もある。

 

その結果空回りしてしまいこけてしまうのが、現状だ。

 

日々自分に精一杯になっている。

なにが正解なのかわからないが、

自分がどこにベクトルを合わせればいいのか、

悩みつつある。

 

これといった目標がぼんやりとしているからこそ、

自分もぼんやりしているのかもしれない。

 

ただ逆に考えれば、

日々それだけ自分に精一杯で仕事をしているのだと思う。

 

そう、ポジティブにとらえたい。

 

 悩める20代はどう進めばいいのか。

いろんな人からのアドバイスをもらい行動することになるが、結局判断を決めるのは自分自身である。

 

やりたいことがあるかといえば、ボンヤリとしている状態。

 

そのぼんやりとしているなかで、答えを見つけて行こうと思うし、自分なりに期限を設けてやるのもありだ。

 

要は、まだ悩んでいる。

けど、焦らず行こうと思う。

就職活動解禁に思う自分自身の立場について。

就職活動が解禁した。

 

自分が3年前に体感した就職活動を行っている学生を見てみると、

今度は企業側にたって会社の宣伝を行うとなると、

考えるものがある。

 

就活生を見てみると“顔”がものすごく個性的である。

今日個人的に感じたものとしては、理系と文系に分かれている中で、

理系は顔に自信があり、文系の子には少し迷いが出ているのかなぁと。

 

と、言ってもまだ今日から開始されたわけだし、

あせる必要はまったくないと感じるが。

 

就職生もなんというかいろんな視野を見てみてほしいなぁと感じる。

その中で自分にあった仕事や就職先が見つかれば、それで良いと感じる。

 

と、今日思った。

病気のことを忘れること・忘れないこと。

気分の浮き沈みが激しい。

病としての話ですが、気分の浮き沈みが激しい。

 

 

解離性障害になって以降は、

どうしても呂律が回らなく言葉足らずなところが多くある。

そこで気分が落ちてしまい、自己嫌悪に陥る悪循環。

 

自分の性格上、淡々としているのですが、

今の仕事はまったく真逆な体育会系のノリでのお仕事を行なっている。

 

ましてや販売ですので、対お客様を相手にして仕事をしなければいけない。

全部のお仕事そうですが、自分の一感情で仕事をしているとなると、

周りに迷惑をかけてしまう。

 

ただ、そんなに人と話す方が得意ではないし、説明もあんまりうまくないから、

落ちてしまう感じ。

 

そういうこともあり〝負のスパライアル〟に陥ってしまう自分。

決して悲劇のヒーローではないのですが、こうやって書かないと自分が壊れてしまいそうでして。

 

やっぱり幼少期の経験って今に影響している。

私は小さい頃いじめられていた。

体は大きく、体型にはドラえもんにでるジャイアンにも引けを取らないぐらいの体格。

 

ただ父親に似た気の優しさが影響してしまい、人前でもじもじしてしまいそれが標的になってしまう。

 

それ以降引っ込み思案になり、なかなか人の前に出ることが少なくなったのは覚えている。

 

人の目ばかり気にしてしまい、自分のことは二の次に考えている自分。

だからこそ、人にいいように使われて自分の自信のなさを露呈しているのだろう。

 

無理に明るくするべきなのか否か。

人間ポジティブ思考が大事という言葉よく聞く。

ただ確かにそう思う反面、そうじゃない思う反面もある。

自分が明るくやることも大事だと思うが、

言葉では理解している反面、身体では反応しない時もある時がある。

そこで無理に明るくやったところで、自分に対しての病気の反動が怖いと感じる。

 

一度なってしまうと癖になってしまう。

過去に一度その病気を経験すると、再発の可能性もある。

現に私は、二回ほど再発してしまい〝声が出なくなる〟経験をしている。

精神安定剤を飲んで再発防止を行なっているが、いつまたそのような事態になるのか、

正直不安である。

 

日々この病気は、一生墓場まで付き合うものだろう。

解離性障害から逃げるのではなく、自分ととことん向き合う。

 

この姿勢が大事ではないかと思われる。