読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻撃的日記

いい大人になりつつあるので、あせらずにいい加減大人になろうと思います。

リオオリンピックが終了し4年後の東京オリンピックへ。

スポーツ観戦

17日間のオリンピックも閉幕。

こんばんは。ふみです。(@buru1125)

リオオリンピックもあっという間に今日で閉会式になりました。

寝不足だらけになった方々も多いでしょう。

その中今回のメダル獲得数は、金12個 銀8個 銅21個と計41個となり、

前回のロンドンオリンピックよりも上回るメダル獲得数になりました。

 

メダル獲得数は全体で6位。

1位がアメリカで121個 2位がイギリスで67個 3位が中国で70個というメダル獲得数。

しかし過去最高のメダル獲得をした日本からすれば、

次の東京オリンピックに向けてとても良い結果を残せたのではないかと感じました。

 

リオオリンピック開催前は治安に不安があった。

toyokeizai.net

しかし開催前は、本当にオリンピックが開催できるのかという不安がありました。

特に治安の悪さが際立っていたリオ。

www.asahi.com

 

こういった不安が大会前はたくさんありました。

 

その他にも大会1週間前にもかかわらず、

競技場が完成していないところやまた鉄骨がむき出しているところがあるなど、

完全に準備不足感が否めなかった感じがしました。

 

しかし大会開催中は、特にそういった治安の悪さや事件なものが特になかったことを考えると大会運営がよくできたと感じました。

 

日本人選手で一番印象的だった選手は・・・

自分は吉田沙保里選手でしたね。

www.youtube.com

 

霊長類最強と言われ、3大会連続金メダルを獲得し今大会もメダルが確実だろうといわれていた吉田沙保里選手。

しかし決勝で、アメリカのマルーリス選手に敗れる大波乱が起きたことが、

自分の中で衝撃的でした。

そのあとの「取り返しのつかないことをしてしまった。日本選手団として金メダルを取らなきゃいけないのに・・・ ごめんなさい」という言葉を聞いて、

オリンピック、そしてメダルをとれるだけでも次元が違うのに、

金メダルを取れなかったことに対しての“謝罪”が自分の中で一番印象が残りました。

メダルを獲得したことよりも、金メダルを取れなかったという謝罪。

勝つことが当たり前の選手って、プレッシャーと戦いつつ、

それにこたえなければいけないというプレッシャーは、凄まじいものだと感じました。

 

さて、4年後の東京へ。

リオオリンピックが今日で終わり、日本の首相である安倍総理大臣が、

スーパーマリオの姿で登場。

 

rio.headlines.yahoo.co.jp

 

日本の総理大臣がそういったパフォーマンスを行うことが、

演出も含めインパクトに残りました。

日本のトップがそんなことをやるとは誰とも思いませんし、

日本世界含めて誰しもが驚いたに違いないでしょう。

 

4年後の東京五輪。

前回のロンドンから今回のリオまで非常に短く感じましたから、

4年後もあっという間に迎えるのでしょう。

 

自分としては東京オリンピックが決まる前の招致活動を経験させていただいて、

2020年の開催地が東京に決まったときの喜びは今でも忘れることができなかったです。

 

次の4年後は、どういった形でもいいので東京オリンピックに携われるようになりたいです。

 

4年後のメダル獲得数はどうなる?

今回が過去最高の41個のメダルを獲得した日本。

次回の自国開催に向けて、メダル獲得数は当然上位にランクしてほしいものです。

その為にも若い世代のアスリートの育成が大事であり、特に今が中学生高校生の年代の子たちは、世界で活躍できるアスリートになり自国開催時には、メダルをunder20以下世代たくさん獲得できるようにと今から期待しています。

 

4年後は金、銀、銅共に20個ずつで計60個をメダル獲得すると予想します!

では、今日はここまで!