読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻撃的日記

いい大人になりつつあるので、あせらずにいい加減大人になろうと思います。

ラーメン二郎を食べるようになってから価値観が180度変わった。

グルメ

僕がラーメン好きになったのは二郎のおかげ。

 

こんにちは。ふみです。

f:id:buruman1125:20160902142834j:image

 

ラーメン二郎仙台店から失礼します。

久しぶりに二郎ラーメンが食べたくなり、

その衝動が抑えきれずに二郎へ。

 

気がついたら小ラーメンキムチ付きで頼んでいました。

 

f:id:buruman1125:20160902143007j:image

 

 

これで750円。

安いよ。最強すぎるよ、このコスパ。

僕がラーメン好きになったのは、二郎のおかげと言っても過言ではありません。

 

そもそもラーメン二郎とは?

ラーメン二郎(ラーメンじろう)とは、東京都港区三田に本店を構えるラーメン店、および同本店の店主・創業者である山田拓美の登録商標[1][注釈 1]。1968年(昭和43年)に創業し、2度の移転を経て1996年(平成8年)から三田で「ラーメン二郎 三田本店」の名称で営業する[2][3]。

 

 

 

そして皆さんは一度は聞いたことがあるだろうジロリアンという言葉。 

僕も最初はなにコレと思っていたのが、意味はコレです。

 

下記の条件に該当する一部のラーメン二郎ファンを「ジロリアン」と表現することがある[23][25][26][27][28]

ライターの速水健朗は、彼らの多くが「二郎のラーメンが特別に美味しいわけではないが、食べずにいられない」「二郎はラーメンではなく二郎という食べ物である」といった価値観を持っていることを指摘し[29]、ラーメン二郎を食べることを修業とし巡業のように何度も訪れたり各地を回る信者のようだと考察している[30]。また、ラーメン二郎は他の多くのラーメンチェーン店と違って店舗ごとに味が異なるため、様々な店舗を訪れてその味の違いなどの情報交換をインターネット上(ブログなど)で行ってコミュニケーションの素材として楽しんでいる[30]。このようにジロリアンはラーメン二郎を「勝手なルールを元にしたゲーム」のように消費している面があるという[31]

 

wikiペディアから参照。

 

 まだ自分は、ジロリアンと名乗るレベルではないと思っています。

 

二郎との出会い。

自分がラーメン二郎と出会ったの大学3年生の時。

大学時代ウォーターサーバーの販売のアルバイトをしていたのですが、

その時の上司に連れて行ったのが始まりです。

 

お昼時、ちょうどいまみたいな9月上旬の暑さ。

平日の昼なのに列が40人近く並んでいる。

 

「こんなに人気なのか?」とはなはな疑問持ちつつ、

やっと40分たって店内へ。

 

店内はひしひしと伝わる緊張感。

ニンニク入れますか?というコール。

そして「ヤサイマシマシ、アブラマシマシ、ショウガマシ」

この呪文はなんだ?

 

その時一緒にいた方に真似して、コールすることに。

すぐにトッピングして出てきた二郎のラーメン。

まずは、迫力にやられる。食べるとなると野菜を崩して麺を食べなきゃいけないとなるので、なかなか難しい。

 

悪戦苦闘する中で、20分かけて完食。

腹がいっぱいになる中で、また食べたいという衝動が抑えられず、

その二日後に一人で食べるぐらいに自分ではまってしまったものです。

 

それから自分が本当にラーメンが好きになった。

それから一人でいろんなラーメン屋にいくようになりました。

なかなか一人でご飯を食べることをしなかった自分が、一人でラーメン屋に行くことになった。

 

二郎以外のラーメンを巡っては、自分なりに新規開拓をするようになったと感じます。

 

二郎が好きすぎてラーメン二郎にまなぶ経営学という本を買いました。

 

 

なんであんなに安い値段で、トッピングが無料で、リピーターが増えていくのか。

そういった自分の疑問が解けたのが、この本でした。

二郎が好きとかにかかわらずこの本は読んでもらいたい本です!

 

 

そしてこちらの本。

お笑いコンビしずるの村上純さんが書いた、

「人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ」

 

 

この本ははじめて二郎に行った人からプレゼントでもらった本なのですが、

まさにこの本を読んでから自分の価値観が180度変わりました!

内容に関しては、、、、、、、、

買って読んでみるのが面白いと思います!

 

二郎のラーメンの奥深さ。

一言に行って二郎と言っても、

二郎本店のラーメン屋もあれば、二郎“系”ラーメン屋も多くなってきています。

 

buruman1125.hatenablog.com

 

本当に奥深いです。

ツイッターのアカウントまでできたラーメン二郎。

そして最近は、お店でツイッターのアカウントを持っているお店もあります。

twitter.com

二郎のラーメンが好きな方にとってはたまらない情報が載っています。

自分もこのツイッターを見て、最近の二郎仙台店の情報がわかるので、

本当に便利なものです。

 

写真でもわかるインパクトは、実際に見たら何度食べた人でも驚くでしょう。

自分も毎回見るたびに驚いています。

だからこそまた通いたくなる。

さて、次いつラーメン二郎に行こうかなぁ・・・・・