攻撃的日記

いい大人になりつつあるので、あせらずにいい加減大人になろうと思います。

ios10がもたらすわれわれに対してのメリットとは。

IPhoneユーザーには朗報?ios10のメリット。

こんにちは。ふみです。

私はここ5年ぐらいIphoneを利用しているのですが、

そのたびにOSのアップロードがありました。

 

f:id:buruman1125:20160914154417j:plain

そのたびに新しいOSを利用することができ、

Iphoneを使うたびに日々新しい発見がありました。

 

しかしデメリットもあります。

私は新しいOSにアップロードしたら、

なぜかIphoneがシャットダウンしてデータがぶっ飛んだという経験の持ち主です。

 

あの時は、死にたくなりました。(笑)

ただそもそもの話。

OSとはなんぞやという話ですよね。

ということで、調べてみました。

 

「IOS」とは?

簡単に言えば、ソフトウェアです。

iOS(アイオーエス)は、アップルが開発・提供するオペレーティングシステム組み込みプラットフォーム)である。iPhoneiPod touchiPadiPad miniiPad AiriPad ProApple TVに搭載されている。

元はiPhone OS(アイフォーン オーエス)という名前だったが、2010年6月21日にリリースされたバージョン4.0からは現在のiOS(アイオーエス)という名称が使われている。

アップルのスマートフォンであるiPhoneや、PDA機能を持つデジタルメディアプレーヤーのiPod touch、タブレット端末のiPad・iPad miniに搭載されているオペレーティングシステムである。セットトップボックスApple TVにも採用されているが、ユーザによるアプリケーションの追加ができないなど大幅に機能が制限されている。

 

当初はユーザによるアプリケーションの追加は認められていなかったが、2008年6月よりSDKが整備され、App Storeで自由にアプリケーションを追加できるようになっている。iPhone SDKの登場により、Cocoaフレームワークと開発言語としてのObjective-Cが改めて注目されることとなった。iPhoneはJava仮想マシン、Carbonを搭載しておらず、iPhone向けネイティブアプリケーションの開発には、基本的にObjective-C(もしくはSwift)を習得する必要がある[注 1][注 2]。iOSのカーネルは当初からマルチタスク対応であり、音楽再生などのOSに組み込まれたプロセスはバックグラウンドで実行させることができたが、iOS6までは、バッテリやメモリ容量の制約から、1度に起動するアプリケーションは1つに限定されていた[5]。iOS7からはこの制約は撤廃された。

なお「IOS」はシスコシステムズの商標であるが、同社はアップルが「iOS」の商標を使用することに合意している[6]

iOS (Apple) - Wikipedia

と、引用元のWikipediaさんには、こんな風に書いてある。

Iphoneのあらゆる機能が、常に新しくなってわれわれユーザーに提供していると思えば、いいでしょうか。

 

IOS9とIOS10の違いについて。

Iphoneユーザーにとっては、IOSは2007年から1年おきに新しくなってきています。

そのたびに便利な機能がたくさんついてきています。

 

一番最新のIOS9についてまず書いてみようと思います。

 IOS9

2015年9月17日リリース

グラフィックAPIMetal」をUIに利用することで動作が軽快になっているほか、OSの効率化によりデバイスバッテリー駆動時間が1時間程度長くなるなど、全体的にパフォーマンスの向上がフォーカスされたバージョンとなっている。

iPadシリーズ向けの新機として、アプリ使用中に他アプリの内容をチラ見する「Slide Over」、画面を2分割てふたつのアプリを同時に使用できる「Split View」、小窓ビデオを再生しながら他のアプリを使用できる「ピクチャ・インピクチャ」などのマルチタスキングが導入された。

 

IOS10

www.apple.com

 

 

・メッセージアプリケーション

・ミュージック機能のデザインが新しい

・より賢く道案内をすることができる

・絵文字やステッカーなどの使用ができる

 

 

そのほかにも新しい機能が今回のIOS10についております。

自分は今、IPhone6sを利用しているので、IOS10は適用内です。

 

ということではやく、アップロードして使ってみての感想をまたここに書いてみようと思います。

広告を非表示にする