読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻撃的日記

いい大人になりつつあるので、あせらずにいい加減大人になろうと思います。

俗にいう「3年働け理論」からずれている自分。

20代サラリーマンの独り言 解離性障害

こんにちは。ふみです。

私は昨年の3月に大学を卒業をして社会人生活を送り始めましたが、

実は私、社会人2年目でもう3社目なのです。

 

 

俗にいう、3年働け理論から、

自分はずれているかもしれませんが自分なりの転職のやり方や、

社会人生活の過ごし方を書き参考になってもらえればと思います。

 

 

大学卒業後新卒で入社した会社

buruman1125.hatenablog.com

 

大学卒業後は、新卒で業界大手の店舗数を誇るところに就職。

最初は、自分が想像していたよりもはるかにきつい(当たり前か)

研修を1週間山奥で行いました。

 

途中で泣いたのも今でも思い出しています。

周りが怖くって、上司も怖くって、自分を出せずに一人でポツンといたのが、

自分の頭の中にあります。

 

ただ1週間終わった時の達成感と言ったら、最後はうれし涙で終わりました。

 

実務にうつってからのしんどさ。

そして1週間の研修が終わり、店舗での実務に。

いきなりホール業務、カウンター業務、そして接客の仕方など、

こと細かく教えられました。

慣れない環境での生活。一人暮らし。大学卒業後初めて親元から離れて生活をするので、自分となしてもすべて「1人でやらなきゃいけない」というプレッシャーがあり、

正直1人で泣くときもちらほら。

 

最初の4、5月で実務になれず、早くも会社を辞めたいという気持ちになり、

親に相談しては泣いて、泣いて、泣いてとここまで泣くのかというぐらい、

情緒が不安定になっていたことを今でも思い出します。

それと同時に祖母が、認知症を患うという、悪いことがあまりにも重なりすぎました。

その結果、この2か月でごはんものども通らず、体重が9キロ減に。

 

ストレスにやられた結果でした。

 

ただ徐々に挽回していった。

ただ、6月になり自分なりに挽回していきました。

徐々に業務に慣れつつあり、自然と笑顔も出てお客様や上司に褒められ、

ちょっとずつ自信を持つことができるように。

 

そしてそこで自分からいろんなことをアプローチして、成功や失敗を繰り返して行き、充実感を少しずつ得るようになってきました。

 

一番自分の中で成果が出たのが、新規の会員カードの獲得。

自分から積極的にアクションを行い、同じ新卒内では最初の店舗にいたときは、

三か月連続で1位に。自信から得たものだと感じています。

 

そして研修が終わり転勤に。

最初の店舗が終わり転勤に。転勤は新卒2人で新しい店舗へ。

 

ここでもなかなか濃い時間を過ごすことができ、

いろんな先輩後輩に叱咤激励をもらい少しずつ自分が成長していることが、

実感できたと思っています。

 

ただ一緒に配属された人となかなかそりが合わず、なぜか勤務時間が被るたびに、

口喧嘩をする羽目に。

 

自分の意見をねじ伏せてでも通そうとしている感じが、

自分としては合わずなかなか意見の食い違いで喧嘩をする時が多かったと感じています。

   

年明けに祖母の体調が急変

去年の年末から今年の年明けに関して、祖母の体調が急変。

親が看病していたのですが、看病も看病でなかなか、大変なもの。

自分としても苦労している親の助けを得られないかと思っていました。

 

その矢先に一本の電話が。電話先は、大学の先輩でした。

 

「お前。今何しているの?今の職場にこだわりがなければ、うちで働かないか?宮城で働けるし、だいぶいいと思うぞ」

 

働く先は、スポーツクラブ。自分が大学の時にインターンでお世話になったところでもあり、知っている方も多々いたので、結構自分の中で大きいと感じました。

 

その電話一本で、自分は宮城にかえることを決意。

店長に1週間ぐらい面談をして、

「残らないのか?」と言われましたが自分の決意は固かったです。

 

いつもなら揺らぐところが多いですが、あんなにも決意が固かったのはなかなかなかったですね。

 

スポーツクラブはアウトローだった。

スポーツクラブと聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?

インストラクターとかそういったものを思い浮かべる方が多いでしょう。

 

ただ、それを想像超えるものでした。

 

スポーツ施設の管理、会員様の管理、水泳大会の事務処理、芝刈りなどなど。

どれも自分としても、初めてのこともあり失敗ばかり。

そこで改善して、修正しても上司が、「大学生のノリ」で接してくるので、

すべて否定から入る。相談してもなかなか解決せずに、無理矢理自分の持論を持っていく人だったので、今を思えば自分の中で苦しくなってしまったのでしょうね。

   

その結果ここで何度も書いていますが、解離性障害という精神病にかかったのかと思います。

   

10日間休んで復帰して感じる違和感。

10日間病気で休みましたが、記憶が飛んでしまったところもあり、

また1から覚えなおすという二度手間、三度手間になってしまったところがありました。

「なんでそれができないのか?お前なんて・・」みたいなことをほぼ毎日言われて、

ちょっとノイローゼ的なものになっていたのかなぁと感じています。

 

その結果7月末に、二度目の解離性障害(失声症)になり、退職。

次は、まだ未定のまま辞めたわけでしたが、別に悲壮感はありませんでした。

   

退職後はじめて転職サイトに登録。

 

 

若者向け、既卒3年目以内のサイトを中心に登録。

インテリジェンスやマイナビ、はたらいくなどを中心に登録しました。

 

またこういった就活イベントに行き積極的に自分から情報収集。

自分の人生今後どうなるのかと考えながら、夏の暑い日にスーツを着て就活を行っていました。

 

自分の中では10月までに決まればいいと考えていたので、

あまりに自分に焦らずにいこう決心して就活を行っていました。

 

 今の職場は転職サイトから応募したわけではなかった。

今はこうやって働いていますが、今の職場名のある転職サイトから、

応募したわけではありませんでした。

 

 

 ↑

アルバイトサイトですが、しれっと正社員の募集が行っていて、

非常に興味があったので応募。

 

販売職と、コンサルタント職に興味があったので、一気にそれができるところに応募した感じです。

 

あくまで自分の意見ですが、

リクナビやマイナビの転職サイトがありますがあえてそういったところを度外視して、

違うサイトから登録、応募するのもありかと思います。

固いところばかりではなく、案外違う視点からみると宝が埋もれている可能性もありますので、そういうところから攻めるのもありかと思います!

今の職場に入社した流れ

今の販売の仕事に入社した流れとしましては、

そこのアルバイトサイトの中で正社員の募集があったので応募。

その2時間後に折り返しの連絡が来て、翌日に面接。

そしてその場で内定をもらうという感じで、

その翌週には研修、そして実務というあまりにも今までにないスピーディーなところはありました。

 

ただ、面白いですしやりがいを感じています。

はっきりとした目標を今の中では自分の中で見えています。

まさか今年になって2回も転職するとは思いませんでしたが、

いい方向にいい方向に進んではいるのかなあと感じています。

   

周りの友達から必ず言われる言葉。

必ず言われる言葉があります。

それは、「よく3年目もしないうちに転職したね。自分の経歴に傷をつけるだけじゃん」と。

 

自分からすれば何を言われようが別に構わないのですが、

俗にいう「3年理論」に周りはとらわれすぎているのかなぁと肌で感じています。

 

「仕事が嫌で辞めたい。ただ3年は続けなければいけない。」

そこでいやなら環境を変えたほうがいいと思います。

 

たぶん変わるのが怖いと感じている方もいるかもしれませんが、

自分がちょっと動くだけで大分変ってくると思いますので、勇気を振り絞ってアクションするのも一つの手。

 

また動かないのも一つの手だと感じています。

 

自分は今後どうなるかわかりません、正直。

ただ、自分が描いている目標に届くように最大限努力していこうと思います。