攻撃的日記

いい大人になりつつあるので、あせらずにいい加減大人になろうと思います。

街のパリピな雰囲気についていけない自分。

仕事帰りだった。

仙台駅から離れた勾当台公園付近での仕事だったから、

帰りは歩くか地下鉄かで仙台駅に向かう。

 

ただ最近、ちょっと体重が増えていたので、

ここは歩こうと決心。

 

ということで勾当台公園からアーケードの中を通って、一人で帰ることにした。

 

この日はハロウィン。

町の中は、至るとこでコスプレをしている、男女がわんさかいる。

 

「Trick or Treat」とアーケードの中で、やたら聞こえる。

そしてなおかつ、「Happy halloween」という声も聞こえる。

 

てか、いつの間に日本でハロウィンの時にコスプレをして、

街の中を歩くようになったのだろうか?

 

全然自分が中学高校のときなんて、ハロウィンの「ハ」の字すら聞いたことがなかったのに、(自分が知らなかっただけかもしれないが)

いつの間にかハロウィンの日にコスプレをして歩いているという文化が日本にも成り立っていた。

 

www.sankei.com

 

警察の方ごくろうさまです。

すげぇ的確な指示をだしていて、

人の安全を守るために尽くしていることが伝わってきました。

 

 

話をもとに戻そう。

 

そう。

仙台でも歩いている人が多く、ついついコスプレに目を取られる自分であった。

見ていると「あんな恰好して寒くないのかな?」と、つい心配してしまう。

 

そして、コスプレしている人同士で、「Trick or Treat」や「Happy halloween」と、

 声をかけて楽しんでいるところが印象的だった。

 

知らない人に良く声をかけられるなと思いつつ、

自分も声をかけてみたいという思いに駆られる。

 

けど、チキンハートが発動して、結局見るだけで終わってしまった。

 

なんでこんなに自分自身冷めているのかとものすごく後悔する。

勢いでもノリでもいいから「Trick or Treat」っていえばよかったな。

 

そうこうするうちに、仙台駅についた。

夜の気温が、一ケタになってきている仙台。

 

一人寒いなか、街の雰囲気にのっかればよかったと思い、自宅に帰ることにした。

 

 

 

 

広告を非表示にする