読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻撃的日記

いい大人になりつつあるので、あせらずにいい加減大人になろうと思います。

~プロ野球守備の祭典ゴールデングラブ賞発表~ 楽天からは藤田が獲得! 

プロ野球 野球ネタ 野球観戦

こんにちは。ふみです。

プロ野球もシーズンオフになり、残るは移籍情報やベストナインなどの

“ストーブリーグ”が話題になりつつあります。

 

その中で今日は、プロ野球選手の中で守備の名手に贈られる、

ゴールデングラブ賞が発表されました。

   

プロ野球ゴールデングラブ賞とは

ゴールデングラブ賞とは。

・1972年に始まったダイヤモンドグラブ賞が始まり。

・選考については、新聞社、通信社、テレビ局、ラジオ局などで、取材を5年以上にわたって記者経験がある人間が投票できる賞のことである。

・受賞選手には、金のゴールデンクラブと副賞として50万円が贈られる。

 

f:id:buruman1125:20161108190049j:plain

 

金のトロフィーもなかなか重い。

毎年プロ野球選手はこの守備の祭典で、賞を狙っている選手が多い。

 

ソフトバンクホークスの松田選手は、

「一度受賞したらもう一度とりたいというよくがでてくる」とコメントしている。

 

   

今年のセ・パの受賞者を見てみる。

まずは、セリーグ。

 

(投) 巨人 菅野智之 

(捕) 広島 石原慶幸

(一) 横浜 ロペス

(二) 広島 菊池涼介

(三) 巨人 村田修一

(遊) 巨人 坂本勇人

(外) 広島 丸 佳浩

    中日 大島洋平

    広島 鈴木誠也

 

セリーグは以上となります。

優勝した広島から4人、巨人から3人、横浜から1人と、Aクラスチームで、

ほぼほぼ人数が固まっています。

やっぱり上位のチームほど、守備が安定している証拠が、この人数がみてとることができるのかと思います。

 

そして個人的に応援している、中日の大島洋平選手が受賞したことはうれしい!

あの小さい体で、全身でキャッチするあのプレーは、見ていて楽しくなります。

 

 

パリーグの受賞者一覧

パリーグの受賞者一覧。

 

(投) ロッテ 涌井秀章 

(捕) 日本ハム  大野奨太

(一) 日本ハム 中田翔

(二) 楽天 藤田一也

(三) ソフトバンク 松田宣浩

(遊) ソフトバンク 今宮健太

(外) 西武  秋山翔吾

    日本ハム 陽岱鋼

    オリックス 糸井嘉男

 

パリーグは全球団から選出。

一番多いのが、日本一になった日本ハムで3人。

次にソフトバンクから2人となっております。

 

パリーグのセカンドは、毎年目まぐるしく受賞者が変わっています。

ここ4年間を見ると楽天の藤田が、3回受賞していますが、

去年は外国人のクルーズが受賞したりなどしています。

 

藤田選手のコメント。

 「今年からコボスタが天然芝に変わり、自分のプレースタイルを変えたり、ケガもあったりした中での受賞なので、大変うれしく思います。ゴールデン・グラブ賞は現役でいる限り、ずっと狙っていきたい賞ですので、来年も受賞できるよう頑張ります」

 

天然芝初年度となかなかあわないところがあったかもしれませんが、

そこは持ち前の適応力で対応する藤田選手は素晴らしかったです。

 

 守備が安定すれば、おのずとチームの失策数も減りチーム全体が安定する。

今年の受賞チームの一覧を見てもわかりますが、やっぱり上位のチームほど、

複数人で獲得しているチームが多い。

   

来年は楽天も藤田選手だけではなく、ほかの選手が獲得できるようなチーム状態になってほしいです。