攻撃的日記

いい大人になりつつあるので、あせらずにいい加減大人になろうと思います。

「プレミアムフライデー」について思うこと。

こんにちは。ふみです。

headlines.yahoo.co.jp

 

昨日こんな記事をみて個人的に思ったことがあります。

「プレミアムフライデー」を作ったところで、

これって一部の人間しか得をしないのかなぁと。

 

そもそもプレミアムフライデーって何?

 

 政府(経済産業省)と経済界が2017年2月から開始しようと企画している「特別な金曜日」のこと。個人消費拡大や経済活性化を目的とし、1カ月か2カ月に1回の月末の金曜日を「プレミアムフライデー」とする全国的キャンペーンを行う方針であることを、16年10月17日に同省が明らかにした。具体的には、その日に各企業が定時より早く(15時程度に)仕事が終わるよう促すほか、小売業界や飲食店業界などが限定商品・サービスを提供することや、旅行会社がプレミアムフライデーを利用した旅行商品を提供することなどが検討されている。本キャンペーンでは、安売りセールを行うのではなく高価な商品・サービスの販売につなげることを狙いとしている。概要は16年11月に発表される予定となっている。

 

引用元→

https://kotobank.jp/word/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%BC-1737628#E7.9F.A5.E6.81.B5.E8.94.B5mini

 

ようは、月末の華金をもっと豪華に過ごして、日本の経済をよくしようという話か。

   

自分とプレミアムフライデーの関係性について考えてみる。

そもそも上にも書いてある通り、プレミアムフライデーについては以上のとおりであるがこれを自分に当てはめてみようと思う。

 

自分を労働者目線で考えてみる。

まず、月末の金曜日に15時に退社か。。

これははっきりといって無理だろう。

月末の金曜日となると、私の仕事上追い込みをかける時である。

なおかつ、土日にかけて数字を追いかけるときでもあるから、

それを15時に退社するのは、すなわち仕事放棄するのと一緒な感じがしてならない。

 

ましてや、平日休み、土日仕事の私にとっては、金曜日が少し早く帰ると思っても・・・

 

っていう感じにとらえてしまう。

 

あくまで私見だが、土日休みの方にとっては非常に優遇されるが、

私みたいな人にとっては、いまいち効果がわからないのが本音である。

   

小売業界や飲食業界について

引用元のコトバンクには、このように記載されている。

小売業界や飲食店業界などが限定商品・サービスを提供することや、旅行会社がプレミアムフライデーを利用した旅行商品を提供することなどが検討されている。本キャンペーンでは、安売りセールを行うのではなく高価な商品・サービスの販売につなげることを狙いとしている

と、このように書いている。

サービス業の人間にとっては、この取組については、

あんまりいいようにとらえていない人もいるのではないかと思われる。

 

一般企業が、15時に退社している中、私がもしその業界で働いているとなると、

労働時間も増えてまた残業の嵐になるのではないかと思われる。

 

ただでさえ労働者問題でいろいろと騒がれている中で、

この取り組みを行うのは、どうなんだろうと疑問に思うのが私の意見だ。

 

   

まとめ

プレミアムフライデーが始まるのが、来年の2月。

予想として、混乱して廃止になるのではないかと私的には思う。

全員が全員納得したうえで、やれるわけではないので、

どこかしらで妥協点は必ず必要になると思う。

 

 

広告を非表示にする