読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻撃的日記

いい大人になりつつあるので、あせらずにいい加減大人になろうと思います。

再発してしまいまた声を失う恐怖感について。

解離性障害

喉が乾燥したものかとおもったのだが。。

こんにちは。ふみです。

ここ最近自分の中であった出来事を書いてみようと思います。

 

とある日の朝でした。

まだ東北の朝は、冷え込みが激しいです。

いつもはマスクをして寝ているのですが、

この日の朝はマスクをするのを忘れてしまいました。

おかげさまで喉はカサカサ。ふと起きた時に最悪な朝だと感じました。

 

しかしまだ続きます。

とりあえず喉を潤していこうとおもった自分は、水を一杯飲もうとしました。

これでカサカサの喉もよくなるだろうと。

ただそれでも声が出ません。

 

たしかに水一杯飲んだ時は、喉も潤っていたので、これで大丈夫だろう。

しょうがないのでまた一杯水を飲む事に。

それでも声が出ない。

 

なんだろう、なんだろうと不安になる自分。

怖いよと感じながら。

 

胸の中では言葉が出ているのに、声だけが出ない。

次第にまた不安にかられます。

 

そしてようやく気がついたのです。

「前にもこんな感覚があったなぁ」と。

 

一度経験していると心の中で落ち着く。

 前に経験していると自分の中で、落ちるものです。

こんな事経験していたので、まぁなんとかなるかなぁと。

 

ある意味自分は、変わった人間かもしれません。

不安になる所を、「経験したことある」と落ちるわけですから。

 

今回は、1日程度声が出なかったです。

その代わり不幸中の幸いだったのが、お休みの日だったこと。

これが仕事の日だったら、周りにも飛んだ影響を及ぼしていたのかもしれないです。

 

ここ最近感じる人的ストレス。

今のお仕事は、対お客に対して向き合う仕事です。

時たまにクレーム処理を行ったり、獲得ができないものに対して、

我慢をしたりなど自分の中で、抑えているところは、抑えて仕事をしています。

このままだと自分が、壊れてしまう可能性もあるのでは恐怖心を抱いていますが、

そこはあんまり考えずにいます。

 

病は忘れた頃にやってくる。

自分の体と向き合って淡々と頑張ります。