攻撃的日記

いい大人になりつつあるので、あせらずにいい加減大人になろうと思います。

悪循環の塊?首位争いしているが、切羽詰った楽天イーグルス。

西武の連勝をストップすることができず。

西武の勢いが止まらん。

23年ぶりの11連勝がかかった今日の試合。

こっちは、エース則本。西武は、岡本。

正直、今日は勝てるとおもっていた。 

 

初回、島内の犠牲フライで先制するが、

3回裏先頭の外崎がヒットで出塁し、バントを決められ、四球をだす則本。

そして新人の源田が同点のタイムリー、そして則本がワイルドピッチで、

一挙3点を入れられ逆転してしまう。

 

そして4回裏。

今度は、山川がソロホームランでまた点差が広がり4ー1で、三点差リードまでなってしまう。

 

しかし5回表。

嶋が、ソロホームランで1点を入れ4ー2となる。

 

このまま反撃の狼煙となると思った矢先。

6回裏。栗山のヒットで、1アウト1塁。またしてもバッターは、山川。

バックスクリーンに飛び込むツーランホームランで、

6ー2とまたしても、点差が広がってしまう。

 

則本は、6回で降板。8安打6失点とピリッとせず。

 

7回から新人の高梨が登板。1回を無失点に抑え、いざ8回。

今度は、ウィーラーと島内 のソロホームランで、6ー4で縮めるが、

8回に登板した久保がまたしても山川に3打席連続のホームランを打たれ、ジ・エンド。

 

西武が23年ぶりの11連勝。となると、自分が2歳の時か。

 

怪我人が出たことによっての悪循環。

 

ペゲーロ、岡島、松井、藤田、今江・・・・

8月になってから、正確に言えば後半戦になってから、

主力が抜けに抜けやりくりに関して正念場を迎えている。

 

ペゲーロの穴は、クルーズを。

岡島の穴は、聖澤を。

藤田の穴も、銀次らで埋めていき、

松井裕樹の穴は、福山と。

 

みんなでカバーしあいやっているが、なかなかやっぱりきつい。

 

特に攻撃的野球の象徴、ペゲーロの穴が一番きついのではないだろうか。

 

打率  .307

ホームラン 21本

打点 63

出塁率 .381 

OPS .926

 

と、抜きん出ている成績を残している。

 

この穴を抜けるのがやっぱりなかなか難しい。

 

ペゲーロが抜けた後の打撃陣が、7試合で20得点。平均2.85点。

そして7試合のうち2勝5敗という成績となっている。

やっぱりペゲーロの抜けた穴は大きい。

 

やっぱり打たないと勝てない。

長打のある2番を置くことによって、得点効率が上がっている楽天

ただその2番が抜けたので、普通の2番打者と変わらない成績では、面白くもない。

 

で、あればこういう布陣はどうだろうか?

 

1番茂木

2番クルーズ

3番島内

4番ウィーラー

5番銀次

6番アマダー

7番松井稼

8番嶋

9番聖澤

 

 

と、いうオーダーはどうだろうか?

 

ジグザクに置き、打線2番から6番まではなんでもできるラインナップ。

 

こんな感じでやっていきたい。

 

8月、まさかの連敗スタートの楽天

そしてしかも明日の先発は、もう常に3勝を献上している菊池雄星だ。

 

そこに未来のエース安楽がどう向かうか楽しみにして置きたい。